フォードのロボットカー、無人の耐久テスト[動画]

自動車 テクノロジー 安全

フォードトランジットのロボットカーによる耐久テスト
  • フォードトランジットのロボットカーによる耐久テスト
米国の自動車大手、フォードモーターが6月15日、自動車メーカーとして初めて、新型車の耐久テスト用の自動運転ロボット装置を開発。実際の走行シーンが、ネット上で公開されている。

フォードモーターは、この運転ロボット装置を組み込んだテストカーを使用し、米国ミシガン州のプルービンググラウンドで耐久テストを開始。テストカーは無人で、ロボット制御により、アクセルやブレーキ、ステアリング操作などを行う。

運転ロボット装置を開発した目的は、テストドライバーの負担を軽減すること。運転ロボットは主に、フォードモーターのピックアップトラックや商用車など、耐久性能が重視されるモデルのテストで使う。これらの車種では、荒れた路面で長時間、耐久テストを繰り返すため、テストドライバーの疲労が課題となっていた。

フォードモーターの商用車、フォード『トランジット』を使った無人の耐久テストの様子は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集