マツダ ロードスター、ギネス世界新記録達成…683台がパレード

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
  • マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
  • マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
  • マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
  • マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
  • マツダ ロードスター683台のパレードがギネス世界新記録と認定
マツダのオープンスポーツカー、『ロードスター』。同車が欧州において、新たなギネス世界記録を達成した。

これは6月17日、マツダの欧州法人が明らかにしたもの。オランダで6月15日に開催されたイベントにおいて、ギネスブックの「マツダ車だけによる世界最大のパレード」部門の記録を更新したと公表している。

これまでのギネス記録は、ドイツ・エッセンで2010年に打ち立てた459台。ロードスターのみ459台が参加したパレードが、ギネスブックからマツダ車だけによる世界最大のパレードと認定されていた。

オランダでの今回のイベントは、マツダロードスターの海外名、『MX-5』にちなんで「MAX-5 2013」と命名。欧州各地からパレードに参加したロードスターは、3世代合わせて、その数683台。

683台のロードスターは、15kmのルートをパレード走行。これが、ギネスワールドレコーズのPravin Patel.氏によって、新たなギネス世界記録と認められている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集