【ルマン24時間 2013】アウディ、R18 e-tron クワトロ で12回目の総合優勝を狙う

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディ R18 e-tron quattro(参考画像)
  • アウディ R18 e-tron quattro(参考画像)
  • アウディR18 e-tronクワトロ(参考画像)
開催90回目を迎えるルマン24時間耐久レースが、6月22日・23日に開催される。通算15回目の出場となるアウディは、3台の『R18 e-tron クワトロ』で、12回目の総合優勝を狙う。

世界耐久選手権(WEC)の現チャンピオントリオ、マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ(スイス/ドイツ/フランス)の3人は、ゼッケン1号車で出場。3年連続優勝を目指す。

2号車は、ルマンの最多優勝記録(8回)保持者トム・クリステンセンと、ロイック・デュバル(フランス)、アラン・マクニッシュ(イギリス)がドライブ。クリステンセンとマクニッシュは、昨年のルマンで2位を獲得している。

3号車は、2009年のルマン優勝経験者のマルク・ジェネ(スペイン)と、昨年のルマンで初の表彰台を獲得したオリバー・ジャービス(イギリス)、ルマン初参加となるルーカス・ディ・グラッシ(ブラジル)の3人が乗り込む。

アウディは今シーズン、WEC開幕戦シルバーストンで総合1-2位、第2戦スパ・フランコルシャンでは、トップ3を独占。次戦のルマンに向けた6月9日の公式テストでは最速タイムを記録している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集