ヤマハ、幼児1人乗り電動アシスト小径車「PAS Babby」の2013年モデル発売

自動車 ニューモデル モビリティ

ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
  • ヤマハ発動機、「PAS Babby]2013年モデル
ヤマハ発動機は、トリプルセンサーシステムを搭載した電動アシスト自転車「PAS Babby(パスバビー)」の2013年モデルを6月25日から発売する。

「PAS Babby」はファットタイヤや太いフレーム、バスケットなどの採用で「ゴツかわいい」外観デザインが特徴の小径モデル。子育て中もおしゃれを楽しむ女性や、育児に積極的な男性から人気となっている。

2013年モデルでは、トリプルセンサーシステム搭載でパワフルさはそのままに、より滑らかで快適なアシスト走行を実現する。また、残りアシスト走行可能距離が表示できる3ファンクションメーターを採用する。

おしゃれなイメージの2色を新たに採用し全5色を展開する。

安定感のある20型ファットタイヤや乗り降りしやすいU型フレーム、ギアに合わせてきめ細かな制御を実現するS.P.E.C.3に安心・充実の長期製品保証など、そのまま継承する。

今回のモデルを含め、トリプルセンサー搭載モデルは全部で9機種となる。

販売台数は5000台。価格は11万8000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集