トヨタ 86 顔のサイオン tC 2014年型、米国ベース価格発表…1.4%値下げ

自動車 ニューモデル 新型車
サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は、6月のサイオン『tC』の2014年モデル発売を控え、同車の価格を発表した。

サイオンtC の2014年モデルは3月末、ニューヨークモーターショー13で初公開。同車は、トヨタが米国で展開する若者向けブランド、サイオンの入門FFクーペ。現行型のデビューから3年が経過して、初の大幅改良を受けた。

2014年モデルのハイライトが、一新されたフロントマスク。グリル、ヘッドライト、ボンネット、バンパーを大胆に変更。トヨタ自動車の新型FRスポーツカー、『86』は、米国ではサイオン『FR-S』として販売中だが、このFR-Sをモチーフにしたフロントマスクを、2014年モデルは採用。

リア周りでは、バンパーとテールランプを変更。バンパー中央をブラックアウトしたデザインは、FR-Sがモチーフ。テールランプには、LEDを組み込む。インテリアは、素材の見直しでクオリティを向上。オーディオも最新の液晶画面付きとなり、6.1インチのタッチパネルが付いた。

搭載エンジンは従来通りで、2.5リットル直列4気筒ガソリン「デュアルVVT-i」。最大出力179ps、最大トルク23.9kgmを引き出す。トランスミッションは、6速MTと、改良版の6速AT。この6速ATは、従来よりもギアチェンジの速さがほぼ2倍に。シフトダウン時には、レブマッチング機能が付く。足回りは、スタビライザーやダンパーのチューニングを変更。ボディ剛性も引き上げた。電動パワーステアリングも再チューン。ダークグレー仕上げの18インチアルミホイールは新デザインで、225/45R18サイズのタイヤを組み合わせている。

今回、米国トヨタ販売は、サイオンtCの2014年モデルの価格を発表。現地ベース価格は、1万9210ドル(約197万円)に設定された。この価格は、従来のベース価格の1万9480ドル(約200万円)に対して、1.4%の値下げとなった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集