【SUPER GT 開幕戦】レクサス勢、#38 ZENT CERUMO SC430 が4位入賞

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
12番手スタートから追い上げ4位でフィニッシュしたZENT CERUMO SC430 38号車
  • 12番手スタートから追い上げ4位でフィニッシュしたZENT CERUMO SC430 38号車
  • 終盤の追い上げで7位に入ったNEOS SUSTINA SC430 6号車
  • 8位でポイント獲得を果たしたDENSO KOBELCO SC430 39号車
  • 【SUPER GT 開幕戦】レクサス勢、#38 ZENT CERUMO SC430 が4位入賞
SUPER GTの2013年開幕戦となる第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が4月6日、7日の両日、岡山国際サーキットで開催された。

今季はJGTC時代から数えると20年目というシリーズにとって節目となるシーズン。また来季より車両やエンジンの規則が大きく変わるため、現行規則の車両による最後のシーズンとなる。GT500クラスのレクサス勢は若干ドライバーとチームの変更はあったが、5チーム6台のレクサス SC430が2009年以来のチャンピオン奪還を目指す。

GT300クラスには、2シーズン目となるハイブリッド・レーシングカー、トヨタ プリウスが出場した。

7日の決勝日は、朝のフリー走行開始時点では若干雨がぱらついたものの、午後2時の決勝スタート時には完全なドライコンディション。しかし、気温は11度、路面温度は21度と低く、各車タイヤを暖めるのに苦労することとなった。82周の決勝レースへ向けたフォーメーションラップが開始されると、いきなりコースアウトする車両が発生。フォーメーションラップは1周延長され、決勝は81周で競われる形でスタートが切られた。

レクサス勢最上位グリッドの#19 WedsSport ADVAN SC430(荒聖治/アンドレ・クート)はペースが上がらず、1周目で10位まで後退。10、12番手と後方グリッドスタートの#37 KeePer TOM'S SC430(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)、#38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)がこれをかわして8、9位へとポジションを上げると、14番手スタートの#36 PETRONAS TOM'S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)も続き、中団グループでSC430同士の激しいバトルを展開した。

今季SUPER GTデビューとなり、中嶋一貴のパートナーとして#36 PETRONAS TOM'S SC430のスタートを担当したジェームス・ロシターは、13番手スタートから着実にポジションを上げ、#38 ZENT CERUMO SC430の平手晃平と7位争いを展開していたが、7周目にパスしようとした際に接触。ホイールを痛め、緊急ピットイン。上位争いから脱落してしまった。

#38 ZENT CERUMO SC430は、前を行く#37 KeePer TOM'S SC430を15周目にパスし、6位浮上。最後尾スタートの#39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)も石浦宏明が好走を見せ、16周目に#38 ZENT CERUMO SC430に続く7位まで順位を上げた。

1周が短い岡山で、次々に現れる周回遅れをかわしながら前を追う#38 ZENT CERUMO SC430は、中盤に入ると前走車との差を詰めていき、一時は13秒近くあった5位との差を6秒近くまで短縮。

36周目、#37 KeePer TOM'S SC430が先陣を切ってピットへ向かうと、次々に各車ピットへ。#38 ZENT CERUMO SC430は最後までピットインを引っ張り、44周目には一時的に首位浮上。45周目にピットインし、立川祐路へとドライバー交代すると、実質4位でコースへと復帰した。

ピットアウト直後はタイヤが暖まらず、各車アウトラップで大きくペースダウンを強いられる状況となり、#38 ZENT CERUMO SC430も一つポジションダウン。#38 ZENT CERUMO SC430が5位、#39 DENSO KOBELCO SC430が6位、#37 KeePer TOM'S SC430が8位、#6 ENEOS SUSTINA SC430(大嶋和也/国本雄資)が9位で後半戦での更なるポジションアップを目指した。

今季全く新しい体制での参戦ながら、前半好走を見せたアンドレア・カルダレッリから伊藤大輔へと交代し、8位につけていた#37 KeePer TOM'S SC430だったが、ピット作業時の違反により痛恨のドライブスルーペナルティを受けることとなり、10位に後退。

終盤になると雲が厚くなり、雨もぱらつき始めたがタイヤを交換するほどではなく、そのままレースは進行。難しいコンディションの下でも攻め続けた#38 ZENT CERUMO SC430は、ファイナルラップに前走車をパスし、4位に浮上。表彰台には惜しくも届かなかったが、12番手スタートから見事4位まで順位を上げてチェッカーを受けた。

その後方では、追い上げてきた#6 ENEOS SUSTINA SC430が、ファイナルラップの最終コーナーで#39 DENSO KOBELCO SC430と接触しながらもこれをパス。#6 ENEOS SUSTINA SC430が7位、#39 DENSO KOBELCO SC430が8位でポイント獲得を果たした。

GT300クラスでは、14番手スタートの#31 Panasonic apr PRIUS GTが序盤に11位まで順位を上げたが、9周目にトラブルに見舞われピットロード入り口でにストップ。無念のリタイアに終わった。

■第1戦 リザルト(GT500)
1位:#100 RAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史)
2位:#17 KEIHIN HSV-010(塚越広大/金石年弘)
3位:#23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)
4位:#38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)
5位:#18 ウイダー モデューロ HSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)
6位:#12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/J.P・デ・オリベイラ)

■第1戦 リザルト(GT300)
1位:#11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)
2位:#4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也)
3位:#87 ラ・セーヌ ランボルギーニ GT3(山内英輝/吉本大樹)
4位:#52 OKINAWA-IMP SLS(竹内浩典/土屋武士)
5位:#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)
6位:#62 LEON SLS(黒澤治樹/加藤正将)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集