【SIM-Drive SIM-CEL 発表】滑るように走る次世代EV[動画]

エコカー EV
SIM-Drive SIM-CEL
  • SIM-Drive SIM-CEL
  • SIM-Drive SIM-CEL
  • SIM-Drive SIM-CEL
SIM-Driveは、電気自動車の試作モデル『SIM-CEL(シム・セル)』を発表した。

SIM-CELは、0-100km/h加速4.2秒を実現するスポーツタイプのEV。同社の清水浩社長が慶応義塾大学で開発した8輪EV『ELiica(エリーカ)』の加速感を、4輪で実現した。

SIM-CELは、電気自動車ビジネスに参入を検討する26機関から参加費を集め、2015年頃の量産化を想定した電気自動車の試作モデルとして製作された。

乗車定員は2名。インホイールモーターのトルクを700Nmから850Nmへ拡大して、加速感を重視した。軽量化に取り組み、航続距離は324km(JC08モード)を実現した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース