ケンウッド彩速ナビ、ワイドコンソール対応のMDV-Z700Wを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ケンウッド・MDV-Z700W
  • ケンウッド・MDV-Z700W
  • ケンウッド・MDV-Z700W
ケンウッドは、200mmコンソールに対応する彩速ナビの新機種「MDV-Z700W」を5月上旬より発売する。

MDV-Z700Wは、2013年1月にフルモデルチェンジした彩速ナビのハイエンドモデル「タイプZ」を幅200mmにワイド化。トヨタ/ダイハツの200mmコンソール車にジャストサイズで取り付け可能とした。

デュアルコアCPUを採用した「ジェットレスポンスエンジンIII」搭載し、地図スクロール、画面切り替えなど、高い負荷のかかる処理もスムーズに行うことができるほか、フリック、ピンチ、ドラッグなどスマートフォン感覚のタッチ操作にも素早く反応する。

また、専用デザインおよびキーレイアウトを採用したことで、ワイドモデルならではの存在感と、高い操作性を実現している。

価格はオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集