【SIM-Drive SIM-CEL 発表】清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」

自動車 ニューモデル 新型車
SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
  • SIM-Drive、スポーツEV SIM-CEL発表…清水社長「ELiicaに匹敵する加速を実現」
SIM-Driveは3月27日、電気自動車の試作モデル『SIM-CEL(シム・セル)』を発表した。

SIM-CELは、0-100km/h加速4.2秒を実現するスポーツタイプのEV。同社の清水浩社長が慶応義塾大学で開発した8輪EV『ELiica(エリーカ)』の加速感を、4輪で実現させたという。

SIM-CELは、電気自動車ビジネスに参入を検討する26機関から参加費を集め、2015年頃の量産化を想定した電気自動車の試作モデルとして製作。

開発にあたっては、乗車定員を2名とし、インホイールモーターのトルクを700Nmから850Nmへ拡大して、加速感を重視したモデルに仕上げた。一方、車体外板にはカーボン繊維などの科学素材を多用して、鉄板を採用した場合と比べ79kgの軽量化を図り、航続距離は324km(JC08モード)を実現した。

清水社長は「EVが普及する条件として、高い性能であることがまず大事。また、航続距離が長いことに加えて、お客様にぜひ欲しいと思ってもらう特徴を持たせることが必要。SIM-CELは、『加速・広さ・乗り心地といった新たな付加価値を加えていくことで世の中に受け入れられる商品になる』という我々の信念が、素晴らしいカタチで実現した」と仕上がりに自信を示した。

加えて、「0-100km/h加速は4.2秒と、かつて8輪駆動の“エリーカ”に匹敵する加速性能を4輪駆動で実現し、世界最高レベルの電力消費量を達成することができた。エネルギーのスマート利用を含めた、我々が考えてきた“ハイパフォーマンス”がカタチとなった」と紹介した。
《》

編集部おすすめのニュース

  • SIM Drive、マレーシアでEV量産化へ 画像 SIM Drive、マレーシアでEV量産化へ
  • モンスター田嶋がSIM-Drive社長に就任 画像 モンスター田嶋がSIM-Drive社長に就任
  • 【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』 画像 【東京ショー2003速報】空力デザインで400km/h!!---慶應義塾大学『エリーカ』
  • 【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話 画像 【東京ショー2003速報】学生が作り上げた、世界の『エリーカ』秘話
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース