【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人

試乗記 国産車
【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
  • 【MINI ペースマン 試乗】個人主義的で粋な2ドアクーペ…島崎七生人
無謀な見解だが、ミニ・ペースマンは“ミニ版レンジローバー・イヴォーククーペ”である。ベースのクロスオーバーより個人主義的で粋なところがいい。

意外にもホイールベースは2595mmで共通、全長も同等(クーパーS同士では数値上ペースマンが5mm長い)。全高は後ろ下がりのルーフのペースマンが20mm低いが、劇的な差というほどではない。車重は諸元表上は、クーパーS、同ALL4とも実はクロスオーバーのほうが20kg軽い。

ところが走りは断然、心地いい。覚悟すべきピッチングの小ささはミニ史上最小だし、Cセグメントの2ボックス車に迫る乗り心地のよさ。2WD(FF)と4WDとでは、足回りから伝わる微震動、雑味は2WDのほうが少ない。ステアリングもクイック過ぎずに素直な反応を示してくれる。184ps/240Nmの1.6リットルのツインスクロールターボは、6速ATとの組み合わせでも、ゆったりとも俊敏にも走らせられる。

ドアはクロスオーバー同様のサッシ付き。ドアトリムの楕円のデザインモチーフは天地に薄く、クーペ的なスポーティでパーソナルな雰囲気を作る。「レザー・ラウンジ・シート」(オプション)の落ち着いた風合いにも好感がもてた。後席は前席に使っても通用しそうなしっかりした着座感で、空間も大人が過ごせるくらいは確保されている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

  • 【MINI ペースマン 発表】SUVとクーペの要素をひとつに[写真蔵] 画像 【MINI ペースマン 発表】SUVとクーペの要素をひとつに[写真蔵]
  • 【MINI ペースマン 試乗】カントリーマンとは一線画す…諸星陽一 画像 【MINI ペースマン 試乗】カントリーマンとは一線画す…諸星陽一
  • 【MINI ペースマン 発表】四駆も選べる2ドア版クロスオーバー 画像 【MINI ペースマン 発表】四駆も選べる2ドア版クロスオーバー
  • 【MINI ペースマン 発表】コンセプトはスポーツ・アクティビティ・クーペ 画像 【MINI ペースマン 発表】コンセプトはスポーツ・アクティビティ・クーペ

特集

おすすめのニュース