【スズキ スペーシア 発表】箱型の格好良さ、美学を出すために…デザイナー

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
  • スズキ・スペーシア
スズキから発表された『スペーシア』のピラーは、先代『パレット』と比較し、より広さ感を演出するために立てられている。

スズキ四輪技術本部第一カーラインチーフデザイナーの宮澤貴司さんによると、「これは企画、デザイン、営業的な要望も含めて、偶然全社で意見が一致し、(広さ感を出すために)今回は(ピラーを立てる方向に)変えていこうじゃないかとどの部門も思っていたのです」と述べる。

自動車の普遍的なセオリーでは、前後のウインドウを寝かすことや、断面の上部を狭くすることで、スタイリッシュに見せがちである。しかし、このスペーシアでは逆にピラーを立てることにした。宮澤さんは、「箱型は箱型の格好良さ、美学みたいなものがあるのではと思っています。ピラーを立てることで箱の強さが表現できるのではと考えました。つまり、ピラーを立てたことで、利便性を優先したのではなく、立てることの格好良さを出すことが出来たと思っています」

そして、「箱型のがっしり感と、強さ感だけが出すぎてしまい、走る金庫みたいになってしまわないよう、ルーミーな感じは出すようにしました」。具体的には、「ベルトラインの高さを低めに設定することで、強さと室内の広さ、明るさを両立するということにこだわったのです」と話す。

そのほか、「パレットの魅力であった、ピラーを全てブラックアウトすることで、ウインドウが一周回り込んでいるように見せるところは、スペーシアでピラーを立てながら表現すると、より、広さ感が出ましたので、そこは継承した部分です。良い部分は続けて行くということです」とした。
《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース