【ボルボ V40 発表】これまでと読み方が違うV40

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ・V40
  • ボルボ・V40
  • ボルボ・V40
  • ボルボ・V40
  • 新型ボルボ V40のRデザイン
  • ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)
  • ボルボ・V40クロスカントリー(パリモーターショー12)
ボルボ・カー・ジャパンから発売された新型『V40』は、これまでの名称の読み方まで変えるほど力の入ったクルマである。

ボルボ・カー・ジャパン マーケティング部ディレクターの若林敬市氏は、「かつてボルボは850(はちごうまる)や、740(ななよんまる)、あるいはV60(ぶいろくじゅう)やV70(ぶいななじゅう)という呼び方をしていました」と話す。

しかし、「新生の“DESIGNED AROUND YOU(ボルボのすべては、あなたのためにデザインされているという考え)”を実現したV40ついては、日本語でも新しい呼び方をしようと、V40(ぶいふぉーてぃ)と呼んでいます」と述べる。社内でも時々以前の呼び方をしてしまうが、現在徹底しているところだと笑う。

そして今後は、「昨年のパリオートサロンでお披露目したV40Rデザイン、そしてV40クロスカントリーもデビューさせる予定です」とV40シリーズを充実させていくことを語った。

《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース