【MINI ペースマン 発表】コンセプトはスポーツ・アクティビティ・クーペ

自動車 ニューモデル 新型車
MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
  • MINI・ペースマン
ビー・エム・ダブリュー(ジャパン)は、3月2日よりMINI『ペースマン』の販売を開始すると発表した。そのコンセプトはスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAV)である。

MINIペースマンはプレミアムコンパクトカー初のスポーツ・アクティビティ・クーペだとするのはMINIマーケティング本部長のアンドレアス・ヴェッケさん。因みにこのコンセプトを最初に用いたのは同じグループのBMW『X6』である。具体的には、エレガントなクーペのデザインと、様々なシーンでアクティブに、そして、スポーツ走行を楽しめる特徴をうまく融合させたモデルだという。

そのデザインは、「非常に長いルーフがリアスポイラーまで優雅に流れ、ショルダーラインはリアに行くにしたがって徐々に上昇する。これらにより非常にエレガントなクーペのデザインを表現しているのです」(ヴェッケさん)。

リアでは、MINIの典型的なデザインである水平のホリゾンタルリアライトをはじめ、ルーフやバンパーラインなど横方向のラインと平行線を用いることでワイド&ローの印象を与えている。そのリアでは、「初めてネームバッチをリアエンドに持たせました」とヴェッケさん。そして、「最もこのクルマを美しく見えるのは、斜め後ろから見たところでしょう。クーペのデザイン、そしてパワフルなデザインを強調した角度だと思います」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集