えちぜん鉄道、7年ぶりの新規車両が2月デビュー

鉄道 企業動向

2月から運転を開始する、えちぜん鉄道の7000形
  • 2月から運転を開始する、えちぜん鉄道の7000形
  • 飯田線で運転されていた119系
国土交通省中部運輸局はこのほど、2月以降に導入される管内の新規車両を発表した。福井県のえちぜん鉄道では、7年ぶりの新規導入車両となる7000形が営業運転を開始する。

7000形は、2012年3月までJR東海の飯田線で使われていた119系電車をえちぜん鉄道が譲り受けて改造した。主電動機を直流モーターから交流モーターに、制御方式を抵抗制御からVVVFインバーターにそれぞれ変更し、回生・発電ブレーキ併用システムも導入した。また、前部標識灯や後部標識灯、客室灯、行先表示灯にLEDを採用し、メンテナンスコストや消費電力の削減を図る。

えちぜん鉄道は2003年、京福電気鉄道福井支社(京福福井)が運営していた鉄道路線を引き継いだ福井県の第三セクター鉄道。京福福井から引き継いだ車両と、経営移管後に導入した車両が運用されているが、京福福井から引き継いだ車両の老朽化に伴い7000形を導入することになった。今年度末までに2両編成3本を導入する計画で、このうち1本が2月から営業運転を開始する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集