【プリウス15周年エコラン】環境に配慮しながら、力強さに溢れる加速フィールを堪能

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』が発売から15周年を迎えた12月10日、「永遠の記憶に残るトヨタハイブリッド 15周年ミーティング」が愛知県豊田市で開催された。

当日の豊田市は平年より早く積雪を記録。冬寒の中、トヨタハイブリッド車オーナー15人がトヨタ会館から豊田スタジアムまで、約5kmのパレードエコランを行った。参加者の感想を聞いた。

赤塚直樹さん「エコランをするときもあれば、力強い走りを楽しむこともあります。今回、燃費だけに集中すれば、もう少し伸ばすことはできたと思いますが、短い距離とはいえやはり楽しく運転したいという気持ちが強かったので、気持ちいい走りを優先としました」

「クラウンハイブリッドで気に入っているのは、燃費の良さはもちろん、力強いトルク感。アクセルを踏んだ瞬間から盛り上がる独特の加速フィールがたまりません。今後、もっとパワフルで低燃費なハイブリッド車が発売されることを期待しています」

参加車両:クラウンハイブリッド
普段の平均燃費:約9km/リットル
今回のエコラン燃費:9.4km/リットル
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集