【THS開発者へ15の質問】今後のPHV展開「プリウスとは違うスタイルで」…田中主査

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車のハイブリッド車『プリウス』が12月10日で発売から15周年を迎えた。同日開催された「永遠の記憶に残るトヨタハイブリッド 15周年ミーティング」では、「トヨタハイブリッド開発者への15の質問」と題した質疑応答が行われた。

参加者による15の質問に回答したのは、トヨタ自動車製品企画本部小木曽聡常務理事、同豊島浩二チーフエンジニア、同岡部慎主査、同田中義和主査ら4名の開発陣。

◆今後、プラグインハイブリッド(PHV)のラインナップは拡大するのか
西村浩樹さん:豊田市に住んでいます西村と申します。今、『プリウスPHV』に乗っていますが、今後プラグインハイブリッド車のラインアップは広がるでしょうか。

◆プリウスとは違うスタイルのPHVを
田中:今後、プラグインハイブリッドの対応車種はもう少し増えていきます。トヨタとしても、プラグインハイブリッドはハイブリッド車の次を担う存在であるため、大変力を入れているのは確かです。できれば次は、ボディサイズやスタイルがプリウスとは違うクルマを出したいと思っています。 
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集