【デトロイトモーターショー13】ダッジのアルファロメオセダン、ダート…GT 新登場

自動車 ニューモデル モーターショー

ダッジ ダートGT
  • ダッジ ダートGT
  • ダッジ ダートGT(デトロイトモーターショー13)
  • ダッジ ダートGT(デトロイトモーターショー13)
  • ダッジ ダートGT(デトロイトモーターショー13)
  • ダッジ ダートGT
  • ダッジ ダートGT
  • ダッジ ダートGT
1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー13。クライスラーグループのダッジブランドのブースでは、『ダートGT』がワールドプレミアを飾った。

同車は2012年1月、デトロイトモーターショー12でデビューした『ダート』(DART)をベースに、高性能化を図ったモデル。ダートは、クライスラーグループとフィアットの資本提携効果を生かし、クライスラーグループとしては初めて、フィアットの車台を基本に開発。ダートの車台は、フィアット傘下のアルファロメオ『ジュリエッタ』がベースだ。

デトロイトモーターショー13で発表されたダートGTは、「リミテッド」グレードに対して、スポーツサスペンション、ブラックグリル、デュアルエグゾースト、18インチアルミホイールなどを追加。インテリアには、ナッパレザーシート、8.4インチのタッチスクリーンモニターなどが採用される。

搭載エンジンは、ダートの上級仕様に設定される2.4リットル直列4気筒ガソリンを、そのまま搭載。最大出力は184ps、最大トルクは24kgmを発生する。小型セダンのダートに「スポーティ」という新たな魅力を付加した新グレードだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集