【ケンウッド彩速ナビ】HDMI端子を搭載、スマホ連携で高画質コンテンツも

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド彩速ナビ、「MDV-Z700」
  • ケンウッド彩速ナビ、「MDV-Z700」
  • AndroidスマートフォンとはMHLで接続。HDMI端子を装備しており、iPhone5もHDMIで接続できる。
  • 480pの高画質動画に対応。スマートフォンに収めた動画コンテンツを高画質で楽しめる。
  • Z700はCD/DVDドライブを装備。
  • これに対してR700はドライブを省いた「メカレス」となる。スマートフォン接続するユーザーが増えてくることを予測。
ケンウッド『彩速ナビ』の2013年モデルのうち、上級モデルにあたる「Z700」と「R700」の本体にはHDMI端子を備えている。最近のAndroidスマートフォンに搭載されるようになったMHLで接続することにより、動画コンテンツを高画質のまま転送し、楽しむことができる。

接続にはMHL対応の専用ケーブルが必要となるが、Androidスマートフォンに収めた高画質(480p)のコンテンツをそのままナビ側で再生できるのは非常に便利だ。転送がデジタル化され、既存ナビでは連携させることができなくなっていたiPhone5については、専用のHDMIケーブルを使ってナビと接続することによって、こちらもAndroidと同様に連携させることができる。

Z700にはCD/DVDドライブが搭載されているが、R700は「今後はスマートフォンを接続して音楽や映像を楽しむ人が増えるだろう」という予測もあり、ドライブを搭載しない“メカレス”モデルとなった。CD/DVD再生以外の機能については、Z700とR700の差異はない。

また、ナビ部からのノイズを徹底排除する無干渉セパレートシャーシ構造を従来モデルよりも強化。ケンウッド独自のデジタル回路システム「オフセット・デュアル・ディファレンシャルシステム」を搭載するなど、サウンドパーツを充実させることで、さらなる高音質化を図っている。

地上デジタルチューナーも全面的に見直し、従来よりも広いエリアでの12セグ(フルセグ)放送受信を可能としている。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集