マツダとフィアット、アルファロメオ スパイダーの生産事業契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

アルファロメオ・スパイダー
  • アルファロメオ・スパイダー
  • 現行マツダ・ロードスター
  • アルファ スパイダー
マツダとフィアット グループ オートモービルズは、昨年5月23日に合同発表した協業に関して、正式に事業契約を締結したことを発表した。

これに伴い、マツダは2015年よりフィアット傘下のアルファロメオ向けオープン2シータースポーツカーをマツダの本社工場で生産。アルファロメオ向けの新商品は、グローバル市場をターゲットとして、次期『マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)』のアーキテクチャをベースに開発する。

両社は独自デザインで、それぞれのブランドを代表するFRアーキテクチャの2シーターオープンカーを導入。なお、それぞれの商品は独自のエンジンを搭載するとしている。

今回の契約締結により、マツダはオープン2 シータースポーツカーの開発および生産効率の向上を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

特集