【メルセデスベンツ Aクラス 新型発表】ゴルフ・1シリーズ・A3に真っ向勝負挑む[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス
1月17日、メルセデスベンツは新型『Aクラス』を発表。これまでの二重構造フロアを前提とした背高プロポーションを改め、オーソドックスな2BOXのハッチバックスタイルに生まれ変わった。

ボディサイズは全長4290mm×全幅1780mm×全高1435mm、ホイールベースは2700mm。ベースモデル比で全長は405mm延長されたが、全高は160mm低められた。このスペックは『1シリーズ』やすでに欧州デビューしている新型VW『ゴルフ』やアウディ『A3スポーツバック』などに近い、Cセグメントのボディサイズだ。

日本に導入されるのは「A180 ブルーエフィシェンシー」(284万円)・「A180 ブルーエフィシェンシー スポーツ」(335万円)、そして「A250 スポルト」(420万円)の3モデル。パワートレーンは、A180が1.6リットルの直列4気筒直噴ターボ(122ps/20.4kgm)、A250は2リットルの直噴ターボ(210ps/35.7kgm)という性能で、トランスミッションは全てデュアルクラッチの7G-DCTとなる。ハンドル位置は全て右。

ベースグレードのA180でも装備は充実しており、17インチのアルミやレザーツインシート(クロスと人工皮革のコンビシート)、7インチディスプレイ&HDDナビ/COMANDシステム、スタビリティコントロール、リアカメラ、クルーズコントロールなどが標準で付く。

価格はA180が284万円という戦略的な設定。現行のアウディ A3スポーツバック「1.4TFSI」(308万円)やBMW 「116i」(308万円)よりも24万円安く、現行ゴルフの特別仕様車「コンフォートライン・マイスターエディション」(279万円)と比べても9万円しか変わらない。年内の日本導入が予定される新型A3やゴルフはどのような価格設定で登場するかも気になるところだ。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集