【デトロイトモーターショー13】レクサス IS 新型、室内空間拡大…ホイールベースは70mm延長

自動車 ニューモデル モーターショー

新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
  • 新型レクサス IS
レクサスが1月15日、デトロイトモーターショー13で初公開した新型『IS』。内外装のデザインの特徴はどこにあるのか。

レクサスは従来から、デザイン言語として、「L-フィネス」に掲げてきた。新型ISでは、レクサスのスポーツセダンに相応しいデザインが追求されている。

目を引くのは、新型『GS』から導入を開始したデザインアイコン、「スピンドルグリル」の採用。さらに、ヘッドランプユニットから独立させてL字型を強調したクリアランスランプを配置することで、新しさを表現している。

またボディサイドでは、シャープな面構成で力強さとスポーティさを演出。新型のボディサイズは、全長4665×全幅1810×全高1430mm、ホイールベース2800mm。先代(全長4585×全幅1795×全高1430mm、ホイールベース2730mm)と比較すると、新型は80mm長く、15mmワイド、ホイールベースは70mm長い。

インテリアは、ホイールベースの延長により、とくに後席の居住性を向上。ダッシュボード周辺では、水平基調のインストルメントパネルを採用したのが特徴だ。運転席まわりのスイッチ類は、操作性に配慮してレイアウト。レクサスは、「快適性と洗練されたデザインを両立したインテリア」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集