【オートモーティブワールド13】ルネサス、HV・EVモーター駆動システムソリューションを出展

自動車 ビジネス 企業動向

ルネサス エレクトロニクスは、HV・EVモーター駆動システムソリューションを出展した。インバータとIPM/SRモーター、さらにその駆動状態を確認できるソフトウェアのパッケージを提供することにより、開発期間の短縮と費用削減につながるとしている。

これまでは、インバータやモーターを単体として組み上げた参考パッケージを公開することはあったが、インバータ、モーター、ソフトウェアまでを連結して出展することはなかったという。この拡張パッケージはルネサスに加え住友グループらの連携で実現した。拡張パッケージにより自動車メーカーやティア1サプライヤーといった顧客に対し、より効率的なソリューションが提供できるとしている。

マイコンについては『SH72AW/AY』についてプレゼンテーションを開催。従来はソフトウェアとして搭載されていたEMU(モーターコントロールユニット)と、外部に設置されていたR/Dコンバータをマイコンに取り込むことで、コスト圧縮効果やCPUの負荷低減を実現するとした。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集