【AMA スーパークロス 第2戦】450SXクラスはルーキーのジャスティン・バルシアが初の栄冠

モーターサイクル エンタメ・イベント

AMAスーパークロス第2戦はアリゾナ州フェニックスのチェイス・フィールドで開催され、ホンダ/マッスル・ミルクのジャスティン・バルシア(ジョージア州)が、彼のキャリア初となる450SXクラスでの勝利を手にした。

ルーキーのバルシアはスタートから果敢なアタックでホールショットを奪い、先週の勝者のデビ・ミルサップスが2番手、ツー・ツー・モータースポーツのチャド・リード(オーストラリア)が3番手と続いた。ディフェンディング・チャンピオンのライアン・ビロポトは第1ラップでスピンアウトして4位から8位と順位を落とした。

ホンダ/マッスル・ミルクのトレイ・カナードが第11ラップでリードをかわして3番手につけ、さらに第14ラップでミルサップを追い抜いて2番手を確保した。ビロポトは彼のモンスター・エナジー・カサワキを操り、第13ラップで4番手まで巻き返し、第15ラップにはミルサップをかわして3位の表彰台位置につけた。

カナードとビロポトは数ラップに渡って激しいバトルを繰り広げたが、最終ラップでカナードがクラッシュし、ビロポトに先行されると共にミルサップスとリードにもパスされてしまった。

レースはバルシアが終始トップを走ってそのまま1位でゴールし、ビロポトが2位、ミルサップスがシーズン・ポイントのリードをキープする第3位という結果に終わった。

「どれだけエキサイトしているか、言葉で表せない。」「こんなに早く勝てるとは思わなかった。スムースな走りを保ったが、トラックはとても滑りやすかった。自分にとって素晴らしい夜になった。」と勝利したバルシアは興奮しながら語った。

ジャスティン・バルシアは昨シーズン250SX東地区のチャンピオンとなり、今期から450SXに挑戦している。昨年は違う地区で戦った為、西地区のトラックは全て初めての経験となるが、安定した走りで強さをアピールした。

尚、日本から参戦の成田亮選手は、前回に続きヒートレース進出を逃した。

モンスター・エナジー・スーパークロスは、次週の土曜日の夜(1月19日)にカリフォルニア州のエンジェル・スタジアムで第3戦が催される予定。

450SXクラス第2戦結果

1.ジャスティン・バルシア(ホンダ)
2.ライアン・ビロポト(ホンダ)
3.デビ・ミルサップス(スズキ)
4.チャド・リード(ホンダ)
5.トレイ・カナード(ホンダ)

450SXクラスシーズン累積ポイント

1.デビ・ミルサップス(スズキ)-45
2.ジャスティン・バルシア(ホンダ)-39
3.トレイ・カナード(ホンダ)-38
4.チャド・リード(ホンダ)-36
5.ライアン・ダンゲイ(KTM)-33
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集