【東京オートサロン13】「2UX3J」は裏側から見たイメージ

自動車 ニューモデル モーターショー

「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
  • 「2UX3J」の正体、それは「LEXUS」だった。
東京オートサロン13会場の東8ホールに「2UX3J」という謎のブースがある。照明を落とした場内ではDJが軽快な音楽を流し、ステージ前に並ぶ4台のレクサス車。表立って明らかにされているわけではないが、実はここがレクサスのブースとなる。

「LEXUS」を鏡映しにしたり、裏側から眺めると「2UX3J」に見えるということで、レクサス車の裏側に潜む「セクシーで野性的な個性」を猛獣に例えて表現している。4台のレクサス車はそれぞれが特徴をもった「猛獣」であり、その猛獣を収めた黒テントのサーカス小屋がブースのコンセプトとなっているという。床を見ると有刺鉄線を模したプリントもあり、「来場者に猛獣が襲い掛かることのないように配慮している」とのこと。

展示されているクルマは、様々な業界のクリエイターがデザイン。これをオートサロンに長年携わってきた職人の技術を融合させ、表現している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集