【東京オートサロン13】横浜ゴム、EVコンセプトカー AERO-Y を初公開

エコカー EV

横浜ゴムは、自社技術の研究・開発を目的としたEVコンセプトカー『AERO-Y』を開発し、幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2013」で初披露した。

AERO-Yは、EVのモータリゼーションの成長に向けて、横浜ゴムの環境に配慮した技術をあらゆる面で採用しつつ、直感的に「走る喜び」を感じてほしいとの思いから参考車両として製作。開発にあたっては「空気抵抗低減」をテーマとし、空気力学を活用したタイヤ設計やボディ設計をはじめ、航空部品やハマタイト(接着剤)の開発で培った様々な部門の最新技術を結集している。ボディデザイン協力はレーシングカーデザイナーの由良拓也氏が代表を務めるムーンクラフトが担当した。

横浜ゴムは「走る喜びと環境との調和」「電気自動車用タイヤの研究・開発」をテーマにEVに関する技術開発の促進を継続的に図っている。長年にわたって様々なEVレースやイベントをサポートしているほか、2009年からは世界的に有名なヒルクライムレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にEVレーシングカーで挑戦。2010年から3年連続でEVクラスの歴代最速記録更新を成し遂げている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集