大阪市営地下鉄初の駅ナカ商業施設…名称は「ekimo(エキモ)」

鉄道 企業動向

南海電鉄・南海商事・東急不動産は、大阪市営地下鉄に初となる「駅ナカ」商業施設の名称を「ekimo(エキモ)」と発表した。

施設名称の「ekimo(エキモ)」には、これからは「駅も街の魅力をサポートする」「駅も街の機能や利便性をサポートする」「駅も街の情報発信をサポートする」、“街のサポートステーション”という開発への想いを込めたほか、それぞれの駅の個性に合わせた“+α”を提案するという、「もっと」「more」の意味も持たせたという。

この駅構内商業施設の第一弾は、「ekimo天王寺」(2013年4月18日開業)。このオープンを皮切りに、2013年10月にはなんば駅に、2014年4月には梅田駅にと、御堂筋線のターミナル駅に「ekimo(エキモ)」が広がる予定。

ekimo天王寺店は、 御堂筋線地下1階コンコースの西改札前と東改札前に展開。営業時間は基本10~22時。目標年商は18億円。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集