安倍首相「6年経って“脱皮”した」…2013年自動車工業団体賀詞交歓会

自動車 社会 政治

安倍晋三首相
  • 安倍晋三首相
  • 安倍晋三首相
  • 安倍首相と豊田章男自工会会長(中央)、富士重工業吉永泰之社長(右)
  • 安倍首相と豊田章男自工会会長(中央)、日産自動車志賀俊之COO(右)
  • 安倍首相、ホンダ伊東孝紳社長
  • 安倍首相と自動車業界の首脳が挨拶
  • 安倍首相と豊田章男自工会会長
  • 安倍晋三首相
日本自動車工業会など自動車関連団体が開催した2013年賀詞交歓会に安倍晋三首相が参加した。安倍首相は「今年は巳年。私が以前首相を務めていたときから6年経ち、私自身“脱皮”しました。一皮むけ、首相として柔軟に果敢に大胆に、慎重に取り組んでいきたい」と述べた。

安倍首相は「目標とするところは強い経済を取り戻すということ。経済を成長させて富を生み出し皆で分配する」と話した。

「特にものづくりは重要。ものづくりニッポンの中心にあるのが自動車産業」とし、これまでの経済状況と今後については「一生懸命がんばっても超円高によって、海外展開を余儀なくされたり、工場を閉めるのはおかしいと私は思いました。がんばった人が報われる社会をつくって、絞り出した知恵が評価される社会をつくっていくべきなんだろうということ」と考えを示した。

同会には、安倍首相のほか経済産業省の茂木敏充大臣、国土交通省の太田昭宏大臣らが参加した。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集