【トヨタ クラウン 新型発表】ハイブリッド ロイヤルサルーン[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
  • トヨタ クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」グリル
  • トヨタ•クラウン「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」
トヨタ自動車は12月25日、フルモデルチェンジした新型『クラウン』(ロイヤルシリーズ、アスリートシリーズ)を発表し、同日発売開始した。初代が1955年に誕生していらい、今回のモデルは14代目となった。

「ロイヤルシリーズ」並び「アスリートシリーズ」に新しいハイブリッドシステムが搭載された。新開発したハイブリッドシステムは2.5リットル4気筒エンジンを採用することにより燃費向上を実現した。また新たにFR専用ハイブリッドシステムを開発した、モーターの遠足システムは軽量化されコンパクトになっている。

「クラウン」は国内生産、トヨタ自動車元町工場での生産が予定され月販目標台数4000台とした。また全国のトヨタ店で発売される。

「クラウン ロイヤル」のボディサイズは、全長4895mmx全幅1800mmx全高1460mmだ。最小回転半径はプリウスの標準グレードと同じ5.2mとした。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集