【三菱 アウトランダー 発売】ランエボで培った制御技術も投入

自動車 ニューモデル 新型車

三菱 アウトランダー
  • 三菱 アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
  • 三菱・アウトランダー
三菱自動車から発売された新型『アウトランダー』は、意のままの操縦性と、圧倒的なスタビリティを実現しているという。

開発本部パワートレイン設計部主任(ドライブトレイン設計担当)の高橋直樹さんは、「先代のきびきびとした走りや操縦性と同時に、高い環境性能の実現が目標でしたので、電子制御四駆のレベルを上げることで、燃費などの環境性能を向上させたうえで、四駆の性能である走破性や直進安定性、旋回性を実現するためにどんなシステムにしたらいいのかというベースを作るのが大変でした」とその苦労を語る。

そこで、「フロントにアクティブフロントデフ(電子制御LSD)を追加し、また、ブレーキ制御や電動パワステの制御などを行い、さらに、それらをトータルで制御するAYCを追加することで、意のままの操縦性や走破性を実現したのです」

では、意のままの操縦性というイメージはどういうものか。「ハンドルを切ったら、切ったなりに応えてくれることです。もちろんこれは基本的なことで、例えば悪路や滑りやすい路面の時など、より高い次元になった時でも、電子制御が介入することで、あたかも通常の路面と同じように、しかも、電子制御が介入したことを気付かせないように、自然に走ることが出来ることです。これがとても大事なのです」と話す。

高橋さんはランサー『エボリューション』の開発にもタッチしている。「そこで培った技術を反映することも出来ました。例えばドライバーの意図を把握し、どう操作したいと思っているのかを理解し、車両状態をキープ。そこから乖離した時にはどういう制御が必要かということです。こういうデータのところに関しては同じような作り方をしています」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集