カワサキNinja250を発売 川崎重工業

モーターサイクル 新型車

カワサキNinja250
  • カワサキNinja250
川崎重工業は、スポーツモデル「Ninja」シリーズの250ccバイク『Ninja250』と、特別色を施した「スペシャル・エディション」を2013年2月1日から発売すると発表した。

また、ABSを装備した「Ninja250 ABS スペシャル・エディション」を2013年2月15日から発売する。

Ninja250は、積極的にスポーツライディングを楽しみたい、アクティブなライダーの要望に対応したオールラウンドなスポーツモデル。高い剛性を持つダイヤモンド構造の鋼管フレームを採用し、高い走行性能と扱いやすさを実現した。

エンジンは、軽量・コンパクトな水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、低・中速回転域の力強さと高速回転域でのシャープさの両立を図った。フューエルインジェクションと三元触媒を採用することで、2007年国内二輪車排出ガス規制に適合している。

新設計の軽量ピストンに加え、内壁にめっき処理を施したオープンデッキタイプのスリーブレス・アルミダイキャストシリンダーを採用した。軽量化と高い耐久性を両立するとともに、冷却効率にも貢献、安定した性能を実現する。Ninjaシリーズのアグレッシブな外観に加え、車体細部にまで上質な造りこみを施した。

車体関係は、左右幅の狭い並列2気筒エンジンと、コンパクトなダイヤモンド構造鋼管フレームにより、スリムな車体を実現した。抑えられたシート高、やや高めのハンドルバーなど、初心者でも安心して扱えるリラックスしたライディングポジションに配慮した。

スペシャル・エディションは、ライムグリーン×エボニーのカラーを採用した。

年間販売計画はNinja250シリーズ合計で5000台。価格はNinja250が53万8000円、スペシャル・エディションが55万3000円、ABS装備モデルが60万3000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集