英国コスワース、身売りか…ロールスロイスが関心?!

モータースポーツ/エンタメ 出版物
コスワースエンジンを採用していたF1ウィリアムズ(2011年)
  • コスワースエンジンを採用していたF1ウィリアムズ(2011年)
  • コスワース売却の可能性を伝える英『ザ・タイムズ』
英国の名門エンジンメーカーで、F1用エンジンも手がけるコスワース。同社が売却される可能性が出てきた。

これは10月17日、英国の有力メディア、『ザ・タイムズ』が報じたもの。同メディアが関係者から得た話として、「コスワースの筆頭株主の米国人投資家、ジェリー・フォーサイス氏とケビン・カルコーベン氏が、スイスの銀行にコスワースの売却先を見つけるよう依頼した」と伝えたのだ。

コスワースは2010年、4年ぶりにF1エンジンサプライヤーに復帰。ウィリアムズとケーターハムなどのチームにエンジンを供給してきた。しかし今シーズン、両チームがエンジンをルノーに変更。現在はマルシャとHRTの2チームにエンジンを供給しているが、戦力不足は否めず、F1撤退の噂も出ている。

コスワースの売却先について、同メディアは、「航空宇宙産業部門を擁するコスワースに、英国の高級車メーカーで、航空機用エンジンも手がけるロールスロイスが関心を寄せている」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 英ローラカーズ、レーシングカーのシャシー製造会社が経営破綻 画像 英ローラカーズ、レーシングカーのシャシー製造会社が経営破綻
  • 破産アルテガを独企業が買収…スポーツカー生産予定なし 画像 破産アルテガを独企業が買収…スポーツカー生産予定なし
  • VW会長、買収戦略に終止符を示唆…「12ブランドで十分」 画像 VW会長、買収戦略に終止符を示唆…「12ブランドで十分」
  • フィアット、再びオペル買収の動きか…GMは否定 画像 フィアット、再びオペル買収の動きか…GMは否定

特集