メルセデス SLS AMG 、750psのスーパーEVのパフォーマンス[動画]

エコカー EV
メルセデスベンツ SLS AMGクーペ エレクトリック
  • メルセデスベンツ SLS AMGクーペ エレクトリック
メルセデスベンツが9月27日、フランスで開幕したパリモーターショー12でワールドプレミアした『SLS AMGクーペ エレクトリックドライブ』。同車の映像が、ネット上で公開中だ。

SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、スーパーカーの『SLS AMG』の市販EVバージョン。SLS AMG は2012年6月、SLS AMG GTに進化し、最大出力を571psから591psへパワーアップしたばかり。SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、これに匹敵するパフォーマンスを追求する。

EVパワートレインは、4輪の近くに独立した4個の小型モーターを搭載。トータルで最大出力750ps、最大トルク102kgmを発生する。二次電池はリチウムイオンバッテリーで、エンジンベイ後部、センタートンネル、シート後方の3か所に配置。蓄電容量はトータル60kWhだ。

SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、発進時から102kgmもの最大トルクを引き出す。このモーターの特性を生かし、0-100km/h加速は3.9秒で駆け抜ける。これはSLS AMG GTの3.7秒と比べても、遜色ない。

750psのスーパーEV、SLS AMGクーペ エレクトリックドライブの映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集