モノづくり原体験、できた!仮想PHV…夏休み自由研究[動画]

エコカー EV

ラジオペンチやニッパー、ドライバーを使用して細かな作業に取り組む
  • ラジオペンチやニッパー、ドライバーを使用して細かな作業に取り組む
  • ゴム&太陽光ハイブリッドカーは太陽光を浴びてぐんぐん走る
  • ゴム&太陽光ハイブリッドカーのPHV化では、専用の充電ステーション兼ガレージも組み立て
  • スーパーハイブリッドカー、いよいよ走行!
  • 電力もエネルギー源に加え、スーパーハイブリッドカー完成!走行実験開始!
  • 日陰に入っても止まらず着実に走り続けるスーパーハイブリッドカー
自動車ニュースサイト「レスポンス」と教育ニュースサイト「リセマム」は共同で8月22日、東京・お台場のMEGA WEB(メガウェブ)にて、夏休み自由研究企画「未来のスーパーハイブリッドカーを作ろう 〜夏休み自由研究、君はPHVエンジニア〜」を開催した。

このイベントは、子どもたちが複数の動力源を持った模型の自動車「スーパーハイブリッドカー」を組み立て、実際に走らせることで、小学生がクルマに乗るようになる約10年後の未来のクルマはどのような姿になっていくのかを知り、考えてもらうことをメインテーマとして企画されたもの。スーパーハイブリッドカーを組み立て、走行実験を行う中で、工作の楽しみ、自動車のしくみ、動力源にスポットをあてた自動車の進化、電池やモーターによる発電・充電の原理などを学び、夏休みの自由研究にも役立ててもらうことが目的だ。

参加者は、約15倍の応募者から抽選で選ばれた5名だ。東京、神奈川、埼玉の、小学校4年生から6年生の男子3名と女子2名が、親子で参加した。

動画では、イベントのようすや参加した子どもたち、お父さんたちの真剣な表情が垣間みられる。完成したスーパーハイブリッドカーの走りにも注目だ。





実験・工作篇

走行篇

イベント動画
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集