【見積もりとってみた】超小型EVコムス、総額89万円…諸費用は3万以下

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
  • トヨタ車体・コムス
7月2日にトヨタ車体から新型発売された、超小型電気自動車『コムス』。超小型モビリティは、6月に国交省がガイドラインを設定するなど、今後ますます注目されるカテゴリーだ。そこで今回は、コムスの見積もりをとってみた。

コムスは、道路交通法上「ミニカー」に区分される。したがって、普通自動車免許は必要となるものの、自動車取得税や自動車重量税、車検、車庫証明などは不要となる。

コムスは満充電で約50km走行することが可能だ。充電にはAC100Vの家庭用コンセントを用い、満充電には約6時間を要する。ちなみに、200V倍速充電には対応していない。

グレードは、大きく分けて個人向けのP・COMと商業向けB・COMがあり、B・COMにはデッキの形状が異なる3タイプがさらに用意されている。今回の見積もりはP・COMで依頼した。

また、アルミホイールなど6種類が用意されているオプションから、アクセサリーソケットとボディカバー、キャンバスドアを装備した。

値引きについてはほとんど期待できないという。しかし、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となっているため、最大で7万円の補助が受けられる。納期については現状では未定となっているが、少なくとも1〜3ヶ月を想定しておく必要があるという。

◆見積もりを頼んだ車の詳細は以下の通り。
メーカー:トヨタ車体
車種:コムス
オプション:アクセサリーソケット(5000円)
ボディカバー(1万500円)
キャンバスドア(サイドバイザー付)(5万5000円)
    
◆見積もり内容は以下の通り。
車両本体価格:79万8000円
オプション:7万500円

自動車税:0円
自動車重量税:0円
自動車取得税:0円
自賠責保険料(36ヶ月):1万1520円

登録代行手数料:1万500円
納車整備費用:5250円

◆支払い総額:89万5770円
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ車体 コムス 発売】実質価格59万8000円から 画像 【トヨタ車体 コムス 発売】実質価格59万8000円から
  • 【トヨタ車体 コムス 発売】セブン‐イレブン宅配に採用「3000台規模に」 画像 【トヨタ車体 コムス 発売】セブン‐イレブン宅配に採用「3000台規模に」
  • 【トヨタ車体 コムス 発売】大橋専務「シンプルな構造だからこそ難しかった」 画像 【トヨタ車体 コムス 発売】大橋専務「シンプルな構造だからこそ難しかった」
  • 「ようやくコムスのような超小型車が必要とされる時がきた」…トヨタ車体 網岡社長 画像 「ようやくコムスのような超小型車が必要とされる時がきた」…トヨタ車体 網岡社長
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース