トヨタ ヴィッツ 北米仕様、生産移管か…日本からフランスへ

モータースポーツ/エンタメ 出版物
トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)
  • トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)
  • 北米向けヴィッツの生産拠点が日本からフランスへ移管されると伝えた『ロイター』
急激に進む円高に対して、トヨタ自動車が対応に乗り出した。北米向けの『ヴィッツ』の生産拠点を、日本からフランスに変更するというのだ。

これは22日、『ロイター』が報じたもの。同メディアがトヨタの役員から得た話として、「2013年5月から、北米向けのヴィッツ(現地名:『ヤリス』)の生産を、日本からフランスへと移管する」と伝えたのだ。

現在、フランス工場では、主に欧州市場向けのヴィッツを生産中。1ドル80円を切るような超円高水準では、北米に日本から輸出するよりも、欧州から輸出した方が収益上、有利との判断だろう。

同メディアによると、欧州生産車を北米へ輸出するのは、トヨタとしては初めて。フランス製のヴィッツは米国、カナダ、プエルトルコの3国に、合計で年間2万5000台を出荷する計画だという。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集