公取、ベアリング3社を刑事告発・起訴へ

自動車 ビジネス 企業動向
公正取引委員会は、ベアリング(軸受)の取引に関する独占禁止法違反の容疑で日本精工、NTN、不二越の3社を刑事告発した。

告発を受けた東京地検特捜部は3社を起訴する。

3社は2010年にベアリングの価格を8%程度値上げすることで合意し、価格カルテルを結んだ疑い。ジェイテクトも価格カルテルを結んでいたが、1番最初に自主申告したため、課徴金減免制度で告発されなかった。

公取は3社と当時の担当役員7人を刑事告発した。告発された役員も在宅起訴される見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車部品のカルテル摘発続発に「答えることはできない」…部工会玉村会長 画像 自動車部品のカルテル摘発続発に「答えることはできない」…部工会玉村会長
  • ベアリングの価格カルテルで東京地検特捜部と公取が強制捜査に着手 画像 ベアリングの価格カルテルで東京地検特捜部と公取が強制捜査に着手
  • ランプメーカー4社に価格カルテルの疑い 公取が立ち入り検査 画像 ランプメーカー4社に価格カルテルの疑い 公取が立ち入り検査
  • 矢崎総業とデンソー、カルテルで米国司法省との司法取引に合意…罰金合計420億円 画像 矢崎総業とデンソー、カルテルで米国司法省との司法取引に合意…罰金合計420億円

特集