シボレー ボルト、生産を一時停止へ…GMのPHV

モータースポーツ/エンタメ 出版物
GMのPHV、シボレー ボルト
  • GMのPHV、シボレー ボルト
  • 5週間に渡るボルトの生産一時停止を伝えた『オートモーティブニュース』
GMが2010年末、米国市場で発売したプラグインハイブリッド車(PHV)、シボレー『ボルト』。同車が販売不振により、生産を一時停止することが分かった。

これは2日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアの取材に対して、GMの広報担当者、クリス・リー氏は、3月19日から4月23日までの5週間、米国ミシガン州デトロイトのハムトラック工場におけるボルトの生産を、一時停止することを明らかにしたのだ。

ボルトの生産停止は、同車の販売不振が要因。二次電池(バッテリー)からの発火リスク問題を受け、ここ数か月、ボルトの販売は低迷。NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)が、「ボルトの安全性に問題なし」と宣言し、2月販売台数は1023台と1月の603台から倍増したが、GMによるとボルトの在庫は6300台に到達しているという。

GMはボルトの生産停止により、1300名の従業員を一時帰休させる方針。GMのクリス・リー氏は、同メディアの取材に対して「生産の一時停止は、現状の在庫水準を考慮し、需要に合わせるために必要な措置」と話したという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース