【GARMIN nuvi 2565 写真蔵】準天頂衛星「みちびき」の補完信号に対応するエントリーモデル

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【GARMIN nuvi 2565 写真蔵】準天頂衛星「みちびき」の補完信号に対応するエントリーモデル
  • 【GARMIN nuvi 2565 写真蔵】準天頂衛星「みちびき」の補完信号に対応するエントリーモデル
  • シンプルな外観にシンプルなメニュー画面。画面の解像度は480×272のWQVGAで、これも2500番台の上位モデルと同じスペックだ。
  • 裏面は黒い樹脂でおおわれており、メッシュ状の部分にスピーカーがある。また、外部PGPSアンテナを接続できる端子が搭載されている。
  • 他の国用の地図データが販売されており、そのMicroSDカードをここに挿すことで海外でも使用できる。
  • ボディ底面。クレードルに接触する金属端子と、USB端子がある。パソコンとのデータのやり取りも、ACアダプタによる充電もこのUSB端子で行う。
  • ボディ底面。クレードルに接触する金属端子と、USB端子がある。パソコンとのデータのやり取りも、ACアダプタによる充電もこのUSB端子で行う。
  • ボディ上面は電源/ロックボタンがひとつあるのみ。中央のくぼみはクレードルに固定するためのものだ。
  • 付属のクレードル。吸盤式だが、ダッシュボードのような凹凸のある面には固定できない。ダッシュボードに固定するには付属の円盤を両面テープで固定し、そこにこのクレードルを吸盤で固定する。
2011年秋、一気に6機種ものPNDを発売したGARMIN。『nuvi 2565』は、機能を絞り込んだエントリーモデルという位置づけになる。発売から間もないが価格的にはすでに実売価格で2万円を切っており、強力なコストパフォーマンスを持たせたGARMINの戦略モデルだ。

当然、機能は上位モデルよりも少ない。しかし、ここで誤解して欲しくないのは、本機は低価格ではあっても、カーナビとしての実力は全くといっていいほど犠牲にしていないということだ。準天頂衛星「みちびき」の補完信号対応を初めとして、新しいnuviシリーズの共通のアピールポイントである、最新の高感度GPSエンジン、交差点名読み上げ、地図上のショップの系列がわかるブランドアイコン、待望のレーン表示機能などはいずれも省略されることなく、本機にも採用されている。

本機は5インチのディスプレイと4GBのメモリーを搭載するメモリーナビで、3300万件の住所データ、700万件の電話番号を収録している。ガイド機能は交通案内版表示、インターチェンジなどをイラストで表示するジャンクションビューに加え、前述のとおりレーン表示、交差点名読み上げもできる。

リチウムイオンバッテリーの駆動時間は約3時間で、本体サイズは137×83×15ミリ、重量189gとコンパクトなので簡易的な徒歩ナビとしても十分に使える。また、Bluetoothを搭載しているのでスマートフォンなどBluetooth搭載の携帯電話と組み合わせればハンズフリー通話ができる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【GARMIN nuvi 2565 インプレ後編】“わかりやすさ”を第一にしたUI設計ながら機能性も確保 画像 【GARMIN nuvi 2565 インプレ後編】“わかりやすさ”を第一にしたUI設計ながら機能性も確保
  • 【GARMIN nuvi 2565 インプレ前編】エントリーモデルでもナビ機能は上位モデルに匹敵 画像 【GARMIN nuvi 2565 インプレ前編】エントリーモデルでもナビ機能は上位モデルに匹敵
  • 【GARMIN nuvi 3770V】8.9mmの超薄型ハイエンドPNDを写真で見る  画像 【GARMIN nuvi 3770V】8.9mmの超薄型ハイエンドPNDを写真で見る
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース