トヨタ 86 先行公開…TRDが競技車両を開発

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
  • 富士スピードウェイで先行公開されたトヨタ 86(ハチロク)、TDRは開発中の競技モデルを展示した。
トヨタ自動車は27日、富士重工業と共同開発した新型FRスポーツ『86(ハチロク)』を富士スピードウェイで公開した。会場では、TRDが開発中のレース向け競技車両を公開していた。

会場となった富士スピードウェイのピットには、詳細は公開されていなかったが、ナンバー付きの「NO」モデルと、ナンバーなしのサーキット専用車両「N1」モデル、2モデルが用意され展示されていた。

こうした競技車両のほかに、トヨタは86に関して「お客様とともに進化する」スポーツカーを目指し、カスタマイズ商品や現代にあったスポーツカーの楽しみ方も提案していくという。

単に車名に「86」と愛称を採用しただけでなく、“自分だけの1台を楽しみながら育てる”といったAE86オーナーの持つクルマ文化も継承したい狙いがあるようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集