富士重の中間期業績見通し…収益を上方修正 国内外で新車販売が好調

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・サンバーWRブルー・リミテッド
  • スバル・サンバーWRブルー・リミテッド
  • スバル・レガシィ・アウトバック2.5i EyeSight S Package Limited
富士重工業は、国内外の新車販売が想定を上回って推移したことから、2011年9月中間期の連結決算業績見通しの利益を上方修正した。

円高による為替換算の影響から売上高は6500億円と前回予想を据え置いた。

ただ、国内外で新車販売台数が想定していたレベルを上回ったのに加え、販売費などの諸経費も減少したことから利益率がアップした。

営業利益は100億円を想定していたが180億円となった模様だ。経常利益も前回予想よりも130億円増の210億円となった。経常利益は588億円だった前年実績と比べると大幅減益となる。

最終利益は230億円を予想していたが320億円に上方修正した。

通期業績見通しは11月1日の中間決算発表時に公表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集