GMの小型EV、スパーク…2013年に発売

エコカー EV

GMのシボレー部門は12日、コンパクトカーの『スパーク』をベースにしたEV、『スパークEV』を2013年に発売すると発表した。

スパークEVはGMが2011年初頭、インドで披露した『ビートEVコンセプト』の市販版となるもよう。同車は、最大出力60psのモーターを搭載。二次電池は蓄電容量20kWhのリチウムイオンバッテリーで、1回の充電で最大130kmを走行できる性能を備えていた。

GMのシボレー部門は今回、スパークEVの量産化を決定。2013年、まずはカリフォルニア州など米国の一部州で発売し、その後、世界市場へ投入する計画だ。

GMシボレー部門のジム・フェデリコ氏は、「スパークEVは都市部に居住する顧客に向けたEV。シティコミューター的な使われ方を想定している」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集