【F1日本GP】初日プラクティス、バトンがトップタイム

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
  • F1日本GP初日プラクティス
F1世界選手権第15戦日本グランプリが7日、三重県鈴鹿サーキットで開幕した。7日はフリー走行。サーキットの発表によると約3万4000人のファンが集まった。

あと1ポイントでも獲得すれば年間王者に決まるセバスチャン・べッテルは、初日に2回あったフリー走行でいずれも3番手タイム。その1ポイントに望みをかけて鈴鹿で優勝をねらうジェンソン・バトン(マクラーレン)が、同じく両セッションでトップタイムだった。小林可夢偉(ザウバー)は1回目13番手、2回目16番手とふるわず。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集