【メルセデスベンツ CLS 日本発表】全車にアイドリングストップ、高級4ドアクーペ刷新

自動車 ニューモデル 新型車

4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 4ドアクーペ CLSクラス を6年ぶりにフルモデルチェンジ
メルセデスベンツ日本は18日、4ドアクーペの『CLSクラス』をフルモデルチェンジして発売した。全ラインアップ、新開発の直噴エンジンを搭載、アイドリングストップ機能などの採用により環境性能を向上させた。

ラインナップは、3.5リットル直噴V型6気筒エンジンの「CLS 350 BlueEFFICIENCY」と、AMGによる5.5リットル直噴V型8気筒エンジンのハイパフォーマンスモデル「CLS 63 AMG」の2モデル。

エクステリアデザインは、スーパースポーツモデル『SLS AMG』をモチーフとしたフロントマスクや、マッシブなリアホイールアーチなど、4ドアクーペのプロポーションを継承しながらダイナミックさを加えた。インテリアでは上質な素材を用いるなど贅沢さを強調している。

最新の安全装備として、ドライバーの運転特性を解析し、長時間走行時にドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」や、夜間走行時、ウインドスクリーンに設置したカメラが対向車や先行車を検知してヘッドライトの照射角を調整する「アダプティブハイビームアシスト」を標準装備。

乗員保護機能として、ドライバーの身体が前方へ移動することを防ぐSRSニーバッグや側面衝突時に前席乗員の腰部へのダメージを軽減するSRSぺルビスバッグをはじめ、合計11箇所のエアバッグを装備した。

オプション装備として設定する、歩行者検知機能付「ナイトビューアシストプラス」は、夜間走行時に赤外線カメラを用いて車両前方90mまでの範囲の画像をコマンドディスプレイに映し出す。また「レーンキーピングアシスト」は、ウインドスクリーン内のカメラがドライバーの不注意による車線逸脱を検知しドライバーに警告を促すとともに、ブレーキを利用して車両を元の車線内に戻すサポートを行なう。

価格は、「CLS 350 BlueEFFICIENCY」が930万円、「CLS 63 AMG」が1625万円。納車開始は6月頃を予定。
《》

編集部おすすめのニュース

特集