トヨタ豊田社長、テスラとの提携成果「5か月でできた」

自動車 ビジネス 企業動向

テスラのイーロン・マスクCEOとトヨタ豊田章男社長(12日)
  • テスラのイーロン・マスクCEOとトヨタ豊田章男社長(12日)
  • RAV4 EV
  • RAV4 EV
  • RAV4
  • ロードスター2.5
  • ロードスター2.5
トヨタ自動車の豊田章男社長と米テスラモーターズのイーロン・マスクCEOは12日、東京で記者会見し両社の電気自動車(EV)に関する提携の狙いなどについて語った。

豊田社長は5月20日の提携調印以降、「5か月でオートショーに出品できる車をつくることができた。(テスラの)実行のスピード感を学んでいる」と述べた。両社はトヨタの『RAV-4』をベースにしたEVのコンセプトモデルを製作、トヨタは来週開幕するロサンゼルスショーに出品する。

さらに豊田社長は「トヨタも元々はベンチャーだった。テスラさんのDNAを吸収すれば、そうした時代を思い起こす契機になる」と述べ、企業体質の転換にもつなげたいとの考えを示した。

マスクCEOは「従業員800人の小さな会社から学んでいきたいという豊田社長の謙虚な姿勢を尊敬している。私どもも、品質や大量生産に関する多くのことを世界1のトヨタから学んでいる」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集