モズレー元FIA会長「アロンソのタイトルはF1のためにならない」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1ドイツGP
  • F1ドイツGP
  • F1ドイツGP
元FIA会長のマックス・モズレーが、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が僅差で王者となった場合、F1の価値が下がるだろうとコメントしている。これはチームオーダーで議論を呼んだドイツGPの結果をふまえての発言のようだ。

「(ドイツGPで)マッサをオーバーテイクしたことによってアロンソが得たエクストラのポイントは剥奪されるべきだったと思う。もしチャンピオンとなったアロンソが下位に7ポイント以上の差をつけていなかったら、チャンピオンシップの価値を下げることになるだろう。もちろん、これは私の私見にすぎないがね」と語ったモズレー。

一方で、盟友バーニー・エクレストンは「モズレーにF1に戻ってきて欲しい」とコメントしているが、モズレー本人は「正しい判断ではない」と一蹴している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集