静岡県小山町へGTドライバーが義援金を贈呈…台風9号

自動車 社会 社会

SUPER GTドライバーの片岡龍也選手、松田次生選手、道上龍選手と、GTアソシエイションの坂東正明代表取締役、富士スピードウェイの加藤裕明代表取締役社長の5名は9月30日、台風9号による記録的な集中豪雨で甚大な被害を受けた静岡県駿東郡小山町役場を訪問した。

小山町の高橋宏町長より被害状況の説明があり、その後、出席ドライバーから高橋町長に激励の言葉が贈られた。

GTアソシエイションの坂東代表取締役からは、SUPER GTに参戦中のドライバーなど関係者が国内各所で開催した小山町復興支援チャリティイベントで募った義援金450万1924円が高橋町長に贈呈された。

また、富士スピードウェイの加藤代表取締役社長からは、レースファンやオフィシャルなどから預かった義援金21万4441円を高橋宏町長に贈呈した。

小山町では今年12月まで義援金を募り、被災者の救済に役立てる予定。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集