シボレー カマロ 11年モデル発表…ヘッドアップディスプレイを装備

自動車 ニューモデル 新型車
カマロSS 2011年モデル(写真は米国仕様)
  • カマロSS 2011年モデル(写真は米国仕様)
  • カマロSS 2011年モデル(写真は米国仕様)
  • カマロSS 2011年モデル(写真は米国仕様)
  • カマロSS 2011年モデル(写真は米国仕様)

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2011年モデルのシボレー『カマロ』を発表した。

シボレー・カマロの2011年モデルは、ドライバーの視線を変えることなく主要計器を視認できるヘッドアップディスプレイを装備するほか、ボディカラーに新色の「レッドジュエル」、「インペリアルブルー」の2色を設定する。カーゴネットは廃止する。

モデルのラインアップは2010年モデルと同様、3.6リットルV6エンジン搭載の「カマロLT RS」と、6.2リットルV8エンジン搭載の「カマロSS RS」の2モデル。

価格はLT RSが430万円、SS RSが535万円。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース