スズキ キザシ、328km/h 新記録達成

自動車 ビジネス 企業動向
キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
  • キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
  • キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
  • キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
  • キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
  • キザシによるボンネビル世界最高速チャレンジ
18日、米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラット州立公園で開催中の「ボンネビル・スピードウィーク」において、スズキ『キザシ』が、203.720マイル/h(約328km/h)というクラス新記録を打ち立てた。

これは、アメリカンスズキモーターが明らかにしたもの。キザシの2.4リットル直列4気筒エンジンにターボチャージャーを追加。最大出力513ps、最大トルク71.2kgmを生み出す改造モデルが、過給器付きのガソリンエンジン搭載クーペ部門にエントリーした。

そして、米自動車専門誌『ロード&トラック』のサム三谷氏がステアリングホイールを握り、これまでの202.301マイル/h(約326km/h)を塗り替える、203.720マイル/h(約328km/h)という新記録をマークしたのだ。

さらに、キザシはエンジンを載せ替えて、過給器なしのガソリンエンジン搭載クーペ部門にも参戦するという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース