VW米国新車販売、13か月連続の前年超え…7月実績

自動車 ビジネス 企業動向
パサートCC
  • パサートCC
  • ティグアン
  • ゴルフ
  • ゴルフGTI
  • パサート
  • ニュービートル
フォルクスワーゲンオブアメリカは3日、7月の新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万3880台で、前年同月比は16%増。13か月連続で前年実績を上回った。

好調なのは『パサートCC』で、7月は3394台を販売。前年同月比は140.2%増と大幅に増加した。SUVの『ティグアン』も人気が高く、80.9%増の1968台を売り上げている。

また、『ゴルフ』シリーズも順調に売れ行きを伸ばし、前年同月比111.8%増の3079台をセールス。そのうち、09年12月に追加された『GTI』(『ゴルフGTI』)が、1190台を占めた。同車は、前年同月比46.9%増を記録する。

また、最終限定車をもって生産を終了する『ニュービートル』は、1349台を販売し、前年同月比は2.4%増。『パサート』は3.8%増の932台をセールスした。クライスラーからOEM供給を受けるミニバン、『ルータン』は24.7%増の1683台と回復を見せた。

一方、これまで牽引役を果たしてきた『ジェッタセダン』は、新型発表の影響を受け、前年同月比14.5%減の8262台と、3か月連続で減少。『ジェッタワゴン』(日本名:『ゴルフヴァリアント』)も10.9%減の2151台とマイナスへ転じた。

フォルクスワーゲンオブアメリカのマーク・バーンズ社長代理は、「7月も顧客のVW車に対する反応は好意的。13か月連続での前年実績超えにつながった」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [写真蔵]VW ジェッタ 新型…インテリアのクオリティがアップ 画像 [写真蔵]VW ジェッタ 新型…インテリアのクオリティがアップ
  • 新生ボルボ、CEOに元VW米国社長が就任 画像 新生ボルボ、CEOに元VW米国社長が就任
  • VW、EVやハイブリッドの積極投入を宣言 画像 VW、EVやハイブリッドの積極投入を宣言
  • VWグループ世界販売、過去最高…2010年上半期実績 画像 VWグループ世界販売、過去最高…2010年上半期実績

特集