【ケータイナビガイド '10】大画面とマルチタッチで活きる詳細地図…iPhone いつもNAVI インプレ前編

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ガイド中の画面。iPhoneはPNDと比較しても遜色ないディスプレイのサイズ、解像度なので非常に見やすい。
  • ガイド中の画面。iPhoneはPNDと比較しても遜色ないディスプレイのサイズ、解像度なので非常に見やすい。
  • iPhone用 いつもNAVI
  • 目的地検索のメニュー。フリーワードは「映画」と入力すれば現在地周辺の映画館が研削できるなど、使い勝手がいい。
  • ジャンル検索のジャンルの一例。中華料理だけでもこれだけ細分化されている。
  • 住所入力の一例。画面右側のインデックスをタップして素早く入力できる。
  • ルート検索時に表示されるメニュー。試した限りでは、どの条件でも検索されるルートは無難なものだった。
  • 地図を最大まで拡大したところ。地下鉄の出入口まですべて表示される。
  • 高速道路に入っても表示内容は特に変わらない。ただし、このようにインターチェンジャやジャンクションの画像が表示されるので分かりやすい。
◆音声案内を追加して「完成形」に

『iPhone』のナビは、少し前まではまったく寂しい状況だった。アップルの設けた厳しい制限によってナビゲーションアプリを開発できなかったからだ。今では制限が緩和され、ケータイナビの大手が次々とiPhone用ナビゲーションアプリに参入している。こうした後発組とは一線を画し、制限のあった頃からアプリを開発してきたのが、地図作成で有名なゼンリングループのゼンリンデータコムだ。

当初のソフトはルートを引き、現在地を連続的に表示するだけで、リアルタイムナビゲーションができず、ナビの体をなさない地図ソフトだった。現在のiPhone版『いつもNAVI』は、リアルタイムナビゲーションだけでなく音声案内やオートリルートも搭載。ナビとして必要な機能が揃ったナビアプリの「完成形」となっている。

「いつもNAVI」の価格は年額2800円。1か月あたりに換算すると約233円で、これは一般のケータイナビよりも安いといっていいだろう。また、音声案内やリアルタイムナビゲーションを省略したLite版もある。


◆ゼンリンの見やすい詳細地図を利用したiPhoneカーナビ

実際に使ってみる前に、「いつもNAVI」のアウトラインを確認しておこう。ゼンリンといえば誰でもその名を知っている地図作成の大手であり、現在では多くのカーナビやWeb上の地図サービスなどに地図データを提供している。その子会社であるゼンリンデータコムが開発した「いつもNAVI」はケータイ用カーナビサービスとしてすでに多くのユーザーを獲得している。

「いつもNAVI」の最大の特徴は、言うまでもなく詳細で見やすい地図だ。地下鉄の出入口まで表示される詳細さとよく考えられた見やすさは、さすが地図作成が専門なだけのことはある。また、他社のケータイ向けアプリでは非常に多機能なのも「いつもNAVI」の特徴なのだが、この点についてはiPhone版ではうって変わっている。

iPhone版の「いつもNAVI」はカーナビの基本であるリアルタイムナビゲーションをしっかり行うことがメインになっており、それ以外の機能は大胆に省略されている。iPhoneの標準アプリや他社のアプリと同じように徹底してシンプルさを追求しているようで、インターフェース、画面のデザインもiPhoneのアプリとして違和感が全くない。

搭載される機能は、目的地検索とその場所までのルート検索、オートリルート付きのリアルタイムナビゲーションのみと考えて間違いない。ケータイナビによくある、渋滞情報とか、美味しいラーメン店を探すといったショップ情報、タウン情報はない。


【アプリ概要】
■利用料
いつもNAVI 年間利用料:2800円
いつもNAVI Lite 利用料:1800円
※Lite版は音声案内やガイダンス機能が省略される。月額350円の「ナビパック」として音声案内やリアルタイムナビゲーションなど「いつもNAVI」と同等の機能が利用できるオプションが用意されている。

■アクセス
App Store>ナビゲーション>いつもNAVI/いつもNAVI Lite

■公式サイト
ゼンリンデータコム iPhone用いつもNAVI
http://www.zenrin-datacom.net/mobile/iphone/
《山田正昭》

編集部おすすめのニュース

特集